テレビ、冷蔵庫、洗濯機などあなたの欲しい高額家電を安く買うには!

家電を安く買おう!

テレビ、冷蔵庫、洗濯機どれも高額ですよね、できれば安く買ってお金を節約しませんか?
そんな高額家電を安く買うためにチェックする項目を細かく解説します!

テレビ、冷蔵庫、洗濯機などあなたの欲しい高額家電を安く買うには!

・気になる家電を確認(ネット価格、性能、機能、発売日 等を確認・比較する)
・安くなる時期(モデルチェンジの時期)を確認
・機種を絞る
・セール、イベントの確認
・ネットショップもしくは店頭で購入する
以上の手順で家電購入をしましょう!

安く買うことでお金の節約になります

テレビ、冷蔵庫、洗濯機はどれも高額です。高額のものを何も考えず欲しいからとか壊れたから家電量販店に行き店員さんのおすすめをそのまま購入すると何万円も損をします。故障したときは通販では遅い、家電量販店で即購入ってなりますよね、そんなときに少し時間を取ってください!ネットで価格を調べてみてください!それだけでも安く買うことが出来てお金の節約にもなります。

手順を具体的に説明します

気になる家電を確認

ネット価格

気になる家電のネット価格を確認して大体の予算を把握してその家電を買うのに自分が出せる額をのおおよそ決定しましょう!そうすれば購入する機種を絞り込めます。

メーカー

各家電によりメーカーの拘り部分が違います。機能に特化した作りになっているとか機能、性能は一般的だが一般大衆が使いやすく設計されているとかあります。私は大衆が使いやすく設計していると感じるパナソニックを選ぶことが多いです。
また、日本メーカー、海外メーカーでの選択肢があり、海外メーカーの方が基本安いことが多いです。

性能・機能

自分の欲しい機能・機能がついているか比較します。機能が多いほど価格が高くなることが多いです、自分の予算と相談して機能を絞ります。購入してから欲しい機能がついてなかったなんてことはないように!

容量

今まで使用していた家電の容量から適量の家電を選びましょう!
例えば冷蔵庫の場合[500~570L]一般的に4人暮らしに適した容量といった数値を参考にして決めます。
ただし、容量を大きくすると価格が高くなる傾向があります。私が冷蔵庫を購入した場合、5人暮らしですが4人暮らしに適した容量500Lを購入。やはり少し狭いですが問題なく使用しています。価格と相談して容量を決定してください。

サイズ

サイズは本体の大きさのことです、大型家電を買う場合は最重要な確認項目となります。
家電が入らない等のトラブルになる可能性があるので入れるスペースをしっかり測ってサイズを決めましょう

デザイン

この先5年、10年と長く使いますから自分の好きなデザインを選んでください。中にはデザインに特化した機種もあります。

在庫

急に家電が壊れたという場合、いくら安いお店があっても在庫が無いと手に入りません。つまり、在庫は納期に直結します。急ぐ場合は在庫に注意しましょう。我家では洗濯機が壊れた時、型落ちの安くなった機種を買うつもりだったのですが家電量販店ではすでに在庫がなくネットでは在庫があるものの納期が1週間程かかりました。量販店で新型を高い価格で買うかネットで安いけど1週間待ちのその間コインランドリー通いをするか迷いましたが結局はネットで安く買う方を選択しましtがベストの選択だったかは疑問です。
また、特に通販の場合は在庫が減ってくる(販売店舗が減る)と価格が上がる傾向があります。

その他

大型家電の場合、送料は無料のところが多いですが設置料、リサイクル料または廃棄処分料等、本体以外にもお金が必要なことがあります。これらの料金を含むと家電量販店の方が安くなることもありますのでトータルで価格の判断をしましょう。

安くなる時期(モデルチェンジの時期)を確認

家電を購入する際、その家電の発売日を気にする人はどのくらいいるでしょうか?
家電を安く買う点においてはかなり重要なことです。
家電は1年に1回とか5年に1回とかモデルチェンジしながら新製品として発売しています。
発売間もない機種は価格は高いですし、モデルチェンジ前後だと価格は安くなります。
特にテレビ、冷蔵庫、洗濯機などすでに成熟された機能を持っているものはモデルチェンジしても大きな差はないです。つまり、欲しい機種をモデルチェンジ近くまで価格推移を追って安くなった時に買うのが一番効果的です
また、3月、9月は決算期にも安くなる傾向がありますので2~3月、8月~9月あたりも狙い目です。

機種を絞る

比較が終わりましたら2~3機種に絞ります。また、価格だけでなく価値にも注目してください
例えば有機ELテレビと液晶テレビの価格の差は5万円だったとしましょう、その5万円を出す価値(自分に必要か、必要ではないか)があるかないか、そんな考え方で判断するのもいいと思います。

セール、イベントの確認

ネットの価格と併せて楽天市場、Amazon等、自分が良く購入するサイトのセール、イベント価格を調べて最安値を確認します。
特に楽天市場でのポイントを含めた実質価格に注目です。

楽天市場

無料の楽天の会員になりSPU(スーパーポイントアップ)の倍率を上げ、イベント時期に購入することで沢山のポイントが付きます。
楽天での価格は他のサイトより高い場合が多いですがポイントを含めると安くなる、つまり良く言う実質〇〇円で購入することで価格.comのショップより安く買える場合があります

 

5/10には ヤマダ電機楽天市場店の価格は59200円です。この日の価格.comので最安値は57780円でヤマダ電機楽天市場店の価格は最安値ではありません。
しかし、上記のように私のSPU6倍+アイテムポイントアップ分9倍で8800ポイントついて実質50400円となり価格.comより安く購入できます。またこの日は毎月5と0のつく日、お買い物マラソンというイベントが開催されており、さらにポイントの上乗せが可能です。私のSPUも6倍ですからまだまだですが楽天経済圏(SPU最大16倍)に移行がかなりお得です。

SPUスーパーポイントアップ(楽天会員、楽天カード等でポイントアップ)最大16倍とか毎月5と0のつく日でポイントアップなどポイントが沢山つきます。さらにスーパーDEALやお買い物マラソン等で購入するとさらにポイントが上乗せされます。獲得した楽店ポイントは楽天グループ(楽天市場等)マクドナルド、吉野家などいろいろな場所で使えます。
https://freetorich.com/rakutenkeizaiken/1040/

Amazon

Amazonはプライムデー、サイバーマンデー等の大きいイベントの時が狙い目です

Amazonは何と言ってもAmazonプライム会員がお得だということ。年会費は掛かりますが
無料の配送特典
Amazonプライム会員は、対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便を無料でご利用いただけます。
Prime Video
会員特典対象の映画やTV番組が追加料金なしで見放題になります。
Prime Music
追加料金なく、200万曲の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なしで、楽しむことができるサービスです。
まだまだ特典がありますがここでは省略しますが一つのアカウントでPrime Video同時3台の端末の見ることが可能でPrime Musicは10台の登録が可能です。我が家ではPrime Videoを家族みんなで使ってます。

ネットショップもしくは店頭で購入する

ネットショップで購入する

安値順にショップの評価を確認して良いと判断した最安値のショップで注文します

価格.comではショップ名をクリックするとショップの評価を確認できるところがあります。
ショップの評価、投稿数、出店年数、ショップアクセスランキングをあわせて評価して購入ショップを決定しましょう。他のサイトでもショップ評価を確認できるところがありますから必ず確認しましょう。

大型量販店で購入する

大型量販店の評判は店舗、地域差は多少あると思います。こればかりは自分の足で確認して頂けなければいけません。ちなみに私の自宅から車で15分で行ける範囲でエディオン、ケーズデンキ、ヤマダ電機があり、
ネット価格に対応率はヤマダ電機>ケーズデンキ>エディオン
無料長期保証内容はエディオン>ヤマダ電機>ケーズデンキだと私は経験から判断してます。
さらに大型量販店がやっているネットショップ(ビックカメラ.com等)の価格には対応してくれますがその他のショップ価格は無理だと断られる可能性が高いです。
交渉術としては大型量販店がやっているネットショップの価格を把握しその価格にして欲しいと頼みましょう

価格と言ったら価格.com!店員さんも価格.comの価格で確認するぐらいです。
しかし、最近は楽天市場の影響も大きいようで
私、楽天市場での購入も考えているんですがこの楽天市場のポイントを含めた実質○○円になりませんか?」
と攻めると効果があります。皆さんも一度、試してみてはいかがですか?

実際に私が冷蔵庫を安くなる時期を狙って購入した記事です。
家電が安くなる時期(モデルチェンジ)に冷蔵庫を買ってみた!

まとめ

家電を安く買う手順、方法を書いてきましたが手順通り完璧にやる必要はありません。
元々ネットで購入している人はモデルチェンジ時期を狙うとかセールを狙う等でさらに安く買いましょう!

ネット通販は利用でいたことがない方は一度、通販を利用してみるのもいいかもしれません。価格.comで評価が高いショップであれば心配することありません。
大型家電(大型テレビ、冷蔵庫等)はどうしても店舗で買いたいという人も多いでしょう、ネット価格(楽天実質価格も)をしっかり把握して値段交渉していきましょう!皆さんの健闘をお祈り申し上げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました