「DIY」洗濯槽の掃除を酸素系&塩素系 徹底的にやってみた!

DIYで楽しく節約

我が家の洗濯機は購入してちょうど1年になりますが最近、茶褐色のワカメのような物が衣服に付くようになりました。

購入してまだ1年しか?たっていないのにどうも黒カビが剝がれて衣服に付いたようです。

定期的に清掃しなくてはいけないと思ってましたが、1度も清掃していませんでした。

いい機会ですので洗濯槽の清掃を徹底的やってみることにしました!

「DIY」洗濯槽の掃除を酸素系&塩素系 徹底的にやってみた!

酸素系漂白剤使用して1時間経過の状態

次の日 塩素系漂白剤を使用して1時間経過した状態

洗濯槽の掃除を酸素系&塩素系の両方を2日間で計12時間

徹底的にやって見える範囲では綺麗になり茶褐色のワカメのようなものは衣服に付くことはなくなりました!!

塩素系漂白剤&酸素系漂白剤両方した理由

Panasonic NA-FA80H6の説明書によると

予防のためには衣類用の塩素系漂白剤で槽洗浄コース(6時間)
衣服に茶褐色の汚れが付いたら洗濯槽クリーナーN-W1(塩素系)で槽洗浄コース(6時間)&(11時間)

ともに塩素系を推奨しています。

酸素系漂白剤や台所用塩素系漂白剤は、槽内に泡が残ることがあるため、使用しないでくださいと記載があります。

しかし洗濯槽クリーナーN-W1は2000円前後しますし、我が家では部屋干しで臭いが付いた時や油で汚れた作業服の付洗いに酸素系漂白剤を使用しているから槽洗浄にも使用したいと考え、自己責任ではありますが

素系漂白剤塩素系漂白剤の両方を実施して

酸素系でこびりついた汚れを浮かせます!
取り切れなった汚れを塩素系で分解します!

汚れを浮かせて&分解で洗濯槽を綺麗にします!!

作業内容

酸素系漂白剤清掃

NA-FA80H6には槽洗浄コースがあります。

  • 電源を入れる
  • コースを選択(槽洗浄)
  • スタート(給水)

洗濯機に熱めのお湯(50~60度)を高水位まで入れるとなっているのでこの段階で一時停止してお湯を手作業で入れました。

  • OPEN表示(漂白剤投入)

素系漂白剤を(お湯10リットルあたり100グラム)を入れるとなっていますので500グラム投入

  • 蓋を閉める 6時間おまかせ

途中、数回一時停止させて黒カビを網(金魚すくいの網、100均)で取り除きます。

酸素系漂白剤を投入して直後

コース1時間後

購入1年間でこの状態です、酸素系漂白剤は清掃をした実感ができます

6時間終了後に洗濯をしましたがこの時点で茶褐色のワカメのようなものは衣服に付きませんでした。

塩素系漂白剤

手順は酸素系漂白剤の時と同じです。

酸素系漂白剤でほぼ綺麗になっていたおかげかほとんど変化はありません。

塩素系は汚れを分解しますので清掃した実感をあまり感じることができません

それぞれのメリット&デメリット

酸素系漂白剤

メリット
強い発泡力があり、その泡でこびりついたカビを根こそぎ剥がし落としてくれます
使用しても衣類へのダメージは少なく、洗剤独特の臭いも少ない点が魅力的です。
洗濯槽に付着したカビや茶色いカスが浮いてくるので、汚れ落ちをしっかり確認することができます
残りの酸素系漂白剤はいろいろな使い道がある
デメリット
殺菌効果は塩素系には劣ります。
剥がれて浮いたカビを途中で取り除くという作業が発生するため、手間がかかります。
数時間放置しないと効果があまりないので時間がかかります。
汚れの落ち方が途中半端ですといつまでも浮いたカビがでてきます。

酸素系漂白剤

メリット
強い殺菌効果があり、カビを分解して除去してくれます。
時間は酸素系より短時間で済みます
汚れが浮いてこないのでカビを取り除く必要はありません
デメリット
「混ぜるな危険」の注意書きの通り、酸性のものと混ざると有毒なガスが発生するので、取り扱いには気を付けなければなりません。
すすぎ残しがあると衣類の色落ちなどが起こる可能性がありますので注意しましょう。
汚れ落ちの実感がほとんどない。

まとめ

基本、洗濯槽の清掃は1~2か月に1回清掃してくださいとなってます。

私の場合、1年間放置ですからあれだけの黒カビが出てきてもおかしくないわけです。

洗濯は衣服を綺麗にするためにするものです!

それが選択する器が汚いのは洗濯する意味がありませんね。

今回のことを反省して1~2か月の清掃をしたいと思います。

 

 

洗濯槽の清掃

洗濯機の説明書を確認して酸素系&塩素系どちらを使うことを推奨しているか確認

メーカー推奨間隔 1~2か月(半年最低)で清掃する

 

しかし!

できないときありますよね!?

そんなときは今回のように素系漂白剤塩素系漂白剤の両方を実施

順番素系漂白剤塩素系漂白剤がおすすめです!

塩素系漂白剤素系漂白剤ですと塩素系漂白剤の汚れ落ちが不十分であった場合、後からの酸素系で汚れが浮いて残る可能性があります。

綺麗な洗濯機で衣服を綺麗にしましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました